投稿記事一覧

チック症状

自分ではコントロールできない身体の動きや発声、鼻のすすりや咳払いなどを繰り返す症状で、幼児期に発症することが多く、成長につれて軽快すると言われています。

小児カイロでは

環境的なストレス(例えば、苦手なことがある、人前で発表する、お友達とうまくいかない、怒っている人がいる、時間に追われている、など)によってチック症状が始まったり強まるお子さんに、小児カイロをお勧めしています。 ストレスによる身体の緊張がカイロプラクティックケアによって緩和し、神経の過度の興奮が起こりにくくなり、チック症状が緩和したり解消する臨床例が報告されています。

関連記事

投稿

  1. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  2. 新年明けましておめでとうございます。
  3. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。
  4. こんにちは。広島の森本です。今日は非常に大切な事をお伝えします。
  5. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  6. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  7. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  8. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  9. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  10. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...

ニュースレター

Facebook