投稿記事一覧

朝起きられない・起立性調節障害 (OD)

朝起きようと思っても身体がだるくて起き上がることができない、学校に間に合わない、頭が重い、胃が痛い、午前中は授業に集中できない、でも夜になると元気、というお子さんが増えています。 小児科を受診すると、起立性調節障害(OD: Orthostatic Dysregulation)と診断されることがあります。一般社団法人 日本小児心身医学会によると、軽症例を含めると、小学生の約5%、中学生の約10%、不登校児の約30-40%にODを認めるとの統計があります。*

小児カイロでは

身体を活動させる交感神経と休息したり消化吸収するための副交感神経が適切に働くようカイロプラクティックケアをおこない、朝起きられなかったり体調がすぐれない状況からの改善をサポートします。 カイロケアを受けることで身体の緊張が和らぎ、寝つきが深くなったりイライラ感の緩和や血行不良の改善が期待されます。ぐっすり眠ることができ、様々な身体の不調の改善に繋がります。ご家族や学校の先生方の理解や、お子さんの心理的ストレスの改善など、周りの環境整備も大切ですが、同時にお子さんの身体のケアにもご注目ください。 *参照)http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm

関連記事

投稿

  1. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  2. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  3. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。
  4. 日本小児カイロプラクティック協会は子ども達の背骨の健康、そしてそのケアの大切さを知っていただくため...
  5. カイロプラクティックケアを受けることで、赤ちゃんから大人まで不調の改善はもちろんのこと、おっぱいを...
  6.  産後は、当然ですが、産まれてきた赤ちゃんにみな注目します。
  7. 環境省主導で、環境がこどもたちに及ぼす影響を大規模に調査する「子どもの健康と環境に関する全国調査(...
  8. カイロプラクティック院と歯医者さんは似ています。
  9. 明けましておめでとうございます。
  10. 11月19日のNHKニュースウェブに「インスタグラム“子どもへの悪影響知りながら開発”米で調査」と...

ニュースレター

Facebook