投稿記事一覧

ハイハイの仕方や歩き方

右脚と左脚を交互に動かして移動できるようになるのが「ハイハイ」です。 ハイハイができるようになる前に、うつ伏せの状態でお腹を床につけたまま赤ちゃんが腕や脚を使いほふく前進のように進んでいく「ずりばい」があります。その状態から手、膝、足先をつかって胴体を支えられるようになるとハイハイに変化し、さらに体幹の筋肉が発達することで上半身を持ち上げて二本脚でたてるようになります。ここに十分なバランス感覚が養われることで歩行に繋がります。

小児カイロでは

赤ちゃんが「ずりばい」や「ハイハイ」をするときに注意してみて頂きたいのが、片脚や片腕を引きずる状態で動いている時や片脚を立てていたり、まっすぐに進めないなどの左右の動きの違いです。すでに歩き回っているお子さんであれば、腕の振り方や脚の運びに左右差がないか注目してみてください。左右差が大きい場合、小児カイロでは肩や骨盤、股関節の動きに何か不具合がないか、脳と身体の神経伝達に問題がないかを確認します。医師が様子見で「大丈夫です」という場合も、小児カイロプラクターの視点からは、将来の運動機能や感覚機能のより良い発達のために手助けできることが多くあります。「ずりばい、ハイハイ、歩行」は背ぼねのS字カーブを作っていく大事な時期です。お子さんの動きが少し気になるかも、というときはぜひご相談ください。

関連記事

投稿

  1. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  2. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  3. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  4. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  5. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  6. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  7. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  8. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  9. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  10. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

ニュースレター

  1. 2020年11月NL_股関節の開排制限

  2. 2020年10月NL_中耳炎

  3. 2020年9月NL_よく風邪を引く子

  4. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  5. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  6. 2020年6月NL_逆子

  7. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  8. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  9. 2020年3月NL_便秘

  10. 2020年2月NL_夜泣き

Facebook