投稿記事一覧

アレルギー

ある特定の物質に対して、身体の免疫が「外敵」と判断し、攻撃をしてしまう状態をいいます。例えば卵アレルギーを例に出すと、体内に入った卵を、外敵として自身の免疫が身体から排除しようとするため、皮膚が赤くなったり、湿疹がでたりします。つまり、身体を守ろうという反応が過剰に出てしまうのがアレルギー反応です。アレルギー反応にはアレルギー性鼻炎、気管支ぜん息、じんましん、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アナフィラキシーなどがあります。

小児カイロでは

まず1人1人の身体の違いに注目します。人によって合うものも合わないものもあります。これは自然の法則です。もう一つは、現代社会は自然ではない化学物質が非常に多く、排除しようという働きが頻繁に強く起きてしまいます。化学物質(添加物や薬など)を身体に入れすぎないこと、そして不要な物質はきちんと体外に出すことが大切です。つまりデトックスです。発汗も排便もデトックスです。これらを調節しているのは、自律神経です。カイロプラクティックケアで自律神経のはたらきを高めながら、1人1人にあった生活習慣や食生活についてもアドバイスします。

関連記事

投稿

  1. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  2. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  3. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  4. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  5. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  6. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  7. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  8. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  9. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  10. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

ニュースレター

  1. 2020年11月NL_股関節の開排制限

  2. 2020年10月NL_中耳炎

  3. 2020年9月NL_よく風邪を引く子

  4. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  5. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  6. 2020年6月NL_逆子

  7. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  8. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  9. 2020年3月NL_便秘

  10. 2020年2月NL_夜泣き

Facebook