みなさまから多くいただく疑問、質問にお答えします

子供にカイロプラクティックは必要ですか?

大人と違って「痛み」などの主訴はなくても、なんらかの不具合がある場合、カイロプラクティックケア(脊椎アジャストメント)によって神経の働きを促進し、身体がもつ本来の機能(イネイトインテリジェンス)を高めることによって、不具合を適正化するものですので、お子様にカイロプラクティックを推奨します。

痛くないのですか?

アジャストメントの過程で不具合のある部分に一時的に多少の不快感や痛みを伴うことは考えられますが、逆に気持ちよさやスッキリ感を感じるお子さんもいらっしゃいます。外傷による症状で(捻挫など)そもそも痛みがある場合、治療時に痛みを伴うことがありますが、それは整形外科や整骨院の治療も同じですので、ご安心ください。

何歳から受けられますか?

世界基準(CCE基準)に準ずるカイロプラクターであれば、新生児のうちから安心安全なアジャストメントを提供することが可能です。お問い合わせいただければお近くの信頼できる小児カイロプラクターをご紹介致します。
お問い合わせはこちらから >>

新生児になぜカイロプラクティックが必要なのですか?

赤ちゃんは産まれてくる時に狭い産道を初めて自分の力で身体をひねりながら出てきます。赤ちゃんにとっては大変な重労働と言えます。そのため、産まれてすぐの赤ちゃんは緊張し疲れ果てているのです。その緊張と疲れを取り除き、正常な神経伝達を促すことが新生児カイロの一番の目的であると言えます。新生児期にカイロを受けていただくことで、様々な症状を回避できるだけでなく、より良い成長発達を促すことができると考えられています。

どんな時に小児カイロは有効ですか?

小児カイロは症状を「治す」のではなく、脊椎アジャストメントよって健康に向かう力を引き出し、身体が本来持つ機能(イネイトインテリジェンス)を高めることによって、自然治癒能力を発揮させますので、いつ受けても効果的です。
多くのお子さんが来院されるケースとしては以下があげられます。

新生児期・乳児期
・夜泣き
・向き癖・頭の形
・おっぱいトラブル
・便秘・下痢
・股関節トラブル
・身体の緊張、弛緩、動きの左右差

幼児期・少年期・青年期
・側弯症
・姿勢の問題、動きの左右差
・頭痛、生理痛、その他の疼痛
・スポーツ傷害(外傷を除く)
・運動能力や集中力の向上

全ての月齢・年齢
・発達の問題(首のすわり、寝返り、お座り、ハイハイ、立ち上がる、話す…などが遅い、または発達障害があると診断された場合)
・メンテナンス(免疫力の向上・より良い成長発達のために)

上記のケース以外についてもお子さんについて気になることがありましたら、いつでもお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから >>

「症状」に関するより詳しい説明は《症例集》のページをご覧下さい >>

何回くらい通わなければなりませんか?

身体の状態やこれまでの生活習慣・生活環境・妊娠時および出産時の状況によってお1人お1人異なります。ご来院時に充分に問診検査をおこない、必要と思われる回数や頻度を提案致します。

妊娠中なのですが、腰痛や関節痛があります。カイロプラクティックを受けることはできますか?

はい。妊娠中でも安心してカイロプラクティックケアを受けていただけます。カイロケアは神経機能を改善させるものですので、痛みを取り除くだけではなく、身体全体の調子を整えますので、母親と胎児のつながりも促進され、妊娠期をより快適に過ごしていただけます。

妊娠中になぜカイロプラクティックが良いのですか?

母体の神経機能を高めることで、子宮の状態がより良くなり、胎児のスペースが広く確保されるので胎児の旋回運動が促されます。胎児はお腹の中でたくさん動くことにより、出産への準備をし、産まれ出ていく力をつけていきます。さらには母体の産みだす力を高め、産道のスペースと柔軟性を増しますので、より良い出産を迎えることができると考えられています。

妊娠何週目からいつまで受けられますか?

妊娠に気づかれた時から出産直前まで受けていただけます。
世界基準(CCE基準)に準ずる教育を修めたカイロプラクターであれば、妊娠前から妊娠中、出産直前・直後まで、お身体に適した安心安全なアジャストメントを提供することができます。お問い合わせいただければお近くの信頼できるカイロプラクターをご紹介致します。
お問い合わせはこちらから >>

産後の骨盤矯正は受けられますか?

はい、受け付けていますが、世界基準(CCE基準)に準ずる教育を修めたカイロプラクターが「骨盤」のみを矯正することはありません。産後のアジャストメントは神経にアプローチし、母体の回復を促すものであり、結果として骨盤だけでなく身体全体が整っていきます。「骨盤矯正」を希望される方にはより視野の広いカイロプラクティックケアをお勧め致します。

※世界基準(CCE基準)とは
当協会は、北米(アメリカ・カナダ)のカイロプラクティック教育審議会(CCE)基準の大学から学位や認定をされたDC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)を「世界基準(CCE基準)」と表現しております。

お問い合わせフォームからご質問受付中!

投稿

  1. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  2. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  3. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  4. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  5. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  6. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。
  7. 近年、「発達障害」の子供に悩む親御さんが増えているように思います。
  8. 「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない」 「おっぱいトラブルで辛い」   そんなときは母乳相談やお...
  9. 「赤ちゃんの成長過程は知っているよ!?」「本当ですか?」皆さま初めまして!...

ニュースレター

  1. 2020年6月ニュースレター

  2. 2020年5月ニュースレター

  3. 2020年4月ニュースレター

  4. 2020年3月ニュースレター

  5. 2020年2月ニュースレター

  6. 2020年1月ニュースレター

  7. 2019年12月ニュースレター

Facebook