投稿記事一覧

中耳炎

細菌やウイルスが鼻から耳管を通って中耳に入り、炎症が起こった状態です。鼓膜が赤く腫れ上がり、痛みも強いため、耳鼻科では抗菌薬の処方や、鼓膜の切開が一般的です。頻繁に中耳炎を繰り返すお子さんの場合、母子ともに消耗していることが多く、藁にもすがる思いでカイロプラクティクケアを受けにいらっしゃいます。

小児カイロでは

急性中耳炎の場合、多くの軽症ケースでは2〜3日のうちに自然に回復することから、身体の免疫系を働かせるために、まずは抗菌薬を使わず経過観察が推奨されていることをお伝えしています(米国疾病予防管理センター提言および日本の小児急性中耳炎診療ガイドライン参照)。

滲出性中耳炎や慢性の中耳炎、または頻繁にぶり返す反復性中耳炎の場合、とりわけ上部頸椎を重点的にチェックします。上部頸椎におけるサブラクセーション(脊柱の機能上の問題)は中耳と咽頭を繋ぐ耳管の機能不全に繋がる可能性があります。

関連記事

投稿

  1. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  2. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  3. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  4. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  5. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  6. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  7. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  8. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  9. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  10. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

ニュースレター

  1. 2020年11月NL_股関節の開排制限

  2. 2020年10月NL_中耳炎

  3. 2020年9月NL_よく風邪を引く子

  4. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  5. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  6. 2020年6月NL_逆子

  7. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  8. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  9. 2020年3月NL_便秘

  10. 2020年2月NL_夜泣き

Facebook