投稿記事一覧

中耳炎

細菌やウイルスが鼻から耳管を通って中耳に入り、炎症が起こった状態です。鼓膜が赤く腫れ上がり、痛みも強いため、耳鼻科では抗菌薬の処方や、鼓膜の切開が一般的です。頻繁に中耳炎を繰り返すお子さんの場合、母子ともに消耗していることが多く、藁にもすがる思いでカイロプラクティクケアを受けにいらっしゃいます。

小児カイロでは

急性中耳炎の場合、多くの軽症ケースでは2〜3日のうちに自然に回復することから、身体の免疫系を働かせるために、まずは抗菌薬を使わず経過観察が推奨されていることをお伝えしています(米国疾病予防管理センター提言および日本の小児急性中耳炎診療ガイドライン参照)。

滲出性中耳炎や慢性の中耳炎、または頻繁にぶり返す反復性中耳炎の場合、とりわけ上部頸椎を重点的にチェックします。上部頸椎におけるサブラクセーション(脊柱の機能上の問題)は中耳と咽頭を繋ぐ耳管の機能不全に繋がる可能性があります。

関連記事

投稿

  1. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  2. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  3. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。
  4. 日本小児カイロプラクティック協会は子ども達の背骨の健康、そしてそのケアの大切さを知っていただくため...
  5. カイロプラクティックケアを受けることで、赤ちゃんから大人まで不調の改善はもちろんのこと、おっぱいを...
  6.  産後は、当然ですが、産まれてきた赤ちゃんにみな注目します。
  7. 環境省主導で、環境がこどもたちに及ぼす影響を大規模に調査する「子どもの健康と環境に関する全国調査(...
  8. カイロプラクティック院と歯医者さんは似ています。
  9. 明けましておめでとうございます。
  10. 11月19日のNHKニュースウェブに「インスタグラム“子どもへの悪影響知りながら開発”米で調査」と...

ニュースレター

Facebook