投稿記事一覧

運動能力の向上

幼少期から青年期を活動的に過ごすことは、その時期の体力向上や良好な健康状態を保つことだけでなく、成人期以降の体力レベルや身体活動状況にも影響する可能性が指摘されています。つまり、成人期の健康状態は少なからず幼少期の運動経験が関与していると言えます。特に小学生から高校生までの発育過程は神経系や呼吸循環器系の発達や筋力の発達など著しい発育期となっています。

小児カイロでは

脳と身体の神経伝達を向上させるカイロプラクティックケアを受けることによって、筋骨格系の機能を最適化するだけでなく、感覚機能も鋭敏になり、今まで使うことのできなかった身体の能力が引き出されます。それにより今まで難しかったことができるようになったり、より精度の高い動きができるようになります。 カイロプラクティックの本場アメリカでは、多くのプロ選手や著名人たちがカイロプラクティックのケアを受けています。

・アーノルド・シュワルツェネッガー
・タイガー・ウッズ
・マイケル・ジョーダン
・スティーブン・セガール
・ホイットニー・ヒューストン
・マドンナ
・ウサイン・ボルト
・モハメド・アリ
・シルベスター・スタローン

他にも数々の著名人の方がケアを受けられています。

関連記事

投稿

  1. 高知県オーツリーカイロプラクティックの溝渕です。
  2. 2023.10.16

    No.045 芸術の秋
    暑さも和らぎ、秋らしくなってきましたね。
  3. 先日髪を切りに行ったところ、私がカイロプラクターであることをご存知の担当美容師さんに...
  4. 「モンテッソーリ教育」というのを耳にしたことはありますでしょうか?最近話題のプロ棋...
  5. つい最近、ニュースでコオロギの粉を使ったパンや給食などが話題となり、賛否両論あるようです。
  6. 新型コロナの感染症法上の分類が春頃を目途に5類に変更される方向で進み始めました。
  7. 日本小児カイロプラクティック協会は、多くの方へ小児カイロプラクティックの素晴らしさを伝 え、皆様が...
  8. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  9. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  10. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。

ニュースレター

Facebook