投稿記事一覧

運動能力の向上

幼少期から青年期を活動的に過ごすことは、その時期の体力向上や良好な健康状態を保つことだけでなく、成人期以降の体力レベルや身体活動状況にも影響する可能性が指摘されています。つまり、成人期の健康状態は少なからず幼少期の運動経験が関与していると言えます。特に小学生から高校生までの発育過程は神経系や呼吸循環器系の発達や筋力の発達など著しい発育期となっています。

小児カイロでは

脳と身体の神経伝達を向上させるカイロプラクティックケアを受けることによって、筋骨格系の機能を最適化するだけでなく、感覚機能も鋭敏になり、今まで使うことのできなかった身体の能力が引き出されます。それにより今まで難しかったことができるようになったり、より精度の高い動きができるようになります。 カイロプラクティックの本場アメリカでは、多くのプロ選手や著名人たちがカイロプラクティックのケアを受けています。

・アーノルド・シュワルツェネッガー
・タイガー・ウッズ
・マイケル・ジョーダン
・スティーブン・セガール
・ホイットニー・ヒューストン
・マドンナ
・ウサイン・ボルト
・モハメド・アリ
・シルベスター・スタローン

他にも数々の著名人の方がケアを受けられています。

関連記事

投稿

  1.  産後は、当然ですが、産まれてきた赤ちゃんにみな注目します。
  2. カイロプラクティック院と歯医者さんは似ています。
  3. 明けましておめでとうございます。
  4. 11月19日のNHKニュースウェブに「インスタグラム“子どもへの悪影響知りながら開発”米で調査」と...
  5. 幸せな世の中になってほしい、子供達には幸せになってほしい、と願っている方は多いのではないでしょうか...
  6. 私たちは睡眠に1日24時間の約3分の1を費やしています。
  7. 日本では残念ながらカイロプラクターが自身でクライアントさんの背骨のレントゲンを撮ることはできません...
  8. 子供に集中力を身につけさせたい!と考えている親御さんは多いと思います。
  9. ゴールデンウィークと重なり3回目の緊急事態宣言が発令されました。
  10. というタイトルの本がベストセラーとなっているようです。

ニュースレター

Facebook