投稿記事一覧

運動能力の向上

幼少期から青年期を活動的に過ごすことは、その時期の体力向上や良好な健康状態を保つことだけでなく、成人期以降の体力レベルや身体活動状況にも影響する可能性が指摘されています。つまり、成人期の健康状態は少なからず幼少期の運動経験が関与していると言えます。特に小学生から高校生までの発育過程は神経系や呼吸循環器系の発達や筋力の発達など著しい発育期となっています。

小児カイロでは

脳と身体の神経伝達を向上させるカイロプラクティックケアを受けることによって、筋骨格系の機能を最適化するだけでなく、感覚機能も鋭敏になり、今まで使うことのできなかった身体の能力が引き出されます。それにより今まで難しかったことができるようになったり、より精度の高い動きができるようになります。 カイロプラクティックの本場アメリカでは、多くのプロ選手や著名人たちがカイロプラクティックのケアを受けています。

・アーノルド・シュワルツェネッガー
・タイガー・ウッズ
・マイケル・ジョーダン
・スティーブン・セガール
・ホイットニー・ヒューストン
・マドンナ
・ウサイン・ボルト
・モハメド・アリ
・シルベスター・スタローン

他にも数々の著名人の方がケアを受けられています。

関連記事

投稿

  1. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  2. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  3. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  4. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  5. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  6. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  7. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  8. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  9. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。
  10. 近年、「発達障害」の子供に悩む親御さんが増えているように思います。

ニュースレター

  1. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  2. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  3. 2020年6月NL_逆子

  4. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  5. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  6. 2020年3月NL_便秘

  7. 2020年2月NL_夜泣き

  8. 2020年1月NL_歯ぎしり

  9. 2019年12月NL_ハイハイを始めたら見てほしいポイント

  10. 2019年11月NL_姿勢の問題

Facebook