投稿記事一覧

スポーツ時のケガ

中学生や高校生になると部活動での故障で繰り返し来院することがあります。骨の成熟している大人と違い、中高生の故障は問題の悪化、再発を防ぐ為に慎重に対処する必要があります。

カイロプラクティックでは

まず、骨折等の可能性を除外する為に、整形外科等で患部のレントゲン撮影をオススメしています。その上で、器質的な異常がないようであれば、身体の運動器(筋肉、関節、神経)の機能を最適化するため、通常通りアジャストを行った上で、故障リスクの分析とそれに対応するトレーニングの指導を行い同様のケガの再発や、その他の部位での発症の予防を目指します。例えば腰痛でも青年期であれば、分離症等のリスクもあり、競技を続行することで問題が長期化する恐れもあるため、時にはトレーニングを控えることも含めクライアントとしっかりコミュニケーションを取ることが重要です。

関連記事

投稿

  1. 幸せな世の中になってほしい、子供達には幸せになってほしい、と願っている方は多いのではないでしょうか...
  2. 私たちは睡眠に1日24時間の約3分の1を費やしています。
  3. 日本では残念ながらカイロプラクターが自身でクライアントさんの背骨のレントゲンを撮ることはできません...
  4. 子供に集中力を身につけさせたい!と考えている親御さんは多いと思います。
  5. ゴールデンウィークと重なり3回目の緊急事態宣言が発令されました。
  6. というタイトルの本がベストセラーとなっているようです。
  7. こんにちは。広島の森本です。
  8. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  9. 新年明けましておめでとうございます。
  10. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。

ニュースレター

Facebook