投稿記事一覧

妊娠中の関節痛

特に妊娠中期ころから脚の付け根、手首、指、膝、腰などの痛みがでることをいいます。妊娠すると、靭帯や筋肉を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。それによって、骨盤を広げ、産道をやわらかくするという役割があります。しかし、そのリラキシンがほかの関節にも影響し、身体中の関節を緩めてしまうために痛みがでると考えられます。また、お腹が大きくなるために姿勢も変化し、体重が増え、膝や腰に負担がかかるのも原因です。

マタニティーカイロでは

妊娠前と比較して、妊娠中は体重の増加に加え、重心の位置が大きく変化します。妊娠中における正しい関節の位置と姿勢を促すことによって、リラキシンによって身体中の関節が緩くなっても、痛みのない身体を保つことができます。神経と骨格のバランスをしっかり取ることで、筋肉の緊張も改善することができます。産後もリラキシンがしばらく分泌されるので、産後の身体のケアもしましょう。

関連記事

投稿

  1. 高知県オーツリーカイロプラクティックの溝渕です。
  2. 2023.10.16

    No.045 芸術の秋
    暑さも和らぎ、秋らしくなってきましたね。
  3. 先日髪を切りに行ったところ、私がカイロプラクターであることをご存知の担当美容師さんに...
  4. 「モンテッソーリ教育」というのを耳にしたことはありますでしょうか?最近話題のプロ棋...
  5. つい最近、ニュースでコオロギの粉を使ったパンや給食などが話題となり、賛否両論あるようです。
  6. 新型コロナの感染症法上の分類が春頃を目途に5類に変更される方向で進み始めました。
  7. 日本小児カイロプラクティック協会は、多くの方へ小児カイロプラクティックの素晴らしさを伝 え、皆様が...
  8. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  9. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  10. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。

ニュースレター

Facebook