投稿記事一覧

妊娠中の関節痛

特に妊娠中期ころから脚の付け根、手首、指、膝、腰などの痛みがでることをいいます。妊娠すると、靭帯や筋肉を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。それによって、骨盤を広げ、産道をやわらかくするという役割があります。しかし、そのリラキシンがほかの関節にも影響し、身体中の関節を緩めてしまうために痛みがでると考えられます。また、お腹が大きくなるために姿勢も変化し、体重が増え、膝や腰に負担がかかるのも原因です。

マタニティーカイロでは

妊娠前と比較して、妊娠中は体重の増加に加え、重心の位置が大きく変化します。妊娠中における正しい関節の位置と姿勢を促すことによって、リラキシンによって身体中の関節が緩くなっても、痛みのない身体を保つことができます。神経と骨格のバランスをしっかり取ることで、筋肉の緊張も改善することができます。産後もリラキシンがしばらく分泌されるので、産後の身体のケアもしましょう。

関連記事

投稿

  1. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  2. 新年明けましておめでとうございます。
  3. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。
  4. こんにちは。広島の森本です。今日は非常に大切な事をお伝えします。
  5. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  6. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  7. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  8. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  9. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  10. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...

ニュースレター

Facebook