投稿記事一覧

向き癖・頭の形

向き癖とは、特定の方向ばかり頭を向ける赤ちゃんの癖のことを言います。 赤ちゃんの頭はとても柔らかく頭の骨と骨の間に隙間があるために変形しやすくなっています。向き癖がついて同じ方向ばかり向いていると、頭の後ろや横が平らに変形したり、頭の一部分だけ髪の毛が薄くなっていることで向き癖に気づくこともあります。

小児カイロでは

赤ちゃんがある方向に向きづらくなっているのは、サブラクセーション(脊柱の機能上の問題)があるサインとして捉えます。サブラクセーションを放置すると本来持っている身体の機能を存分に発揮できないため、頭の変形だけでなく、おっぱいトラブルや夜泣き、便秘、身体の動きの左右差などに繋がることがあります。カイロプラクティックケアによりサブラクセーションを取り除くことで、赤ちゃんのより良い成長発達をサポートすることができます。

関連記事

投稿

  1. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  2. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  3. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。
  4. 日本小児カイロプラクティック協会は子ども達の背骨の健康、そしてそのケアの大切さを知っていただくため...
  5. カイロプラクティックケアを受けることで、赤ちゃんから大人まで不調の改善はもちろんのこと、おっぱいを...
  6.  産後は、当然ですが、産まれてきた赤ちゃんにみな注目します。
  7. 環境省主導で、環境がこどもたちに及ぼす影響を大規模に調査する「子どもの健康と環境に関する全国調査(...
  8. カイロプラクティック院と歯医者さんは似ています。
  9. 明けましておめでとうございます。
  10. 11月19日のNHKニュースウェブに「インスタグラム“子どもへの悪影響知りながら開発”米で調査」と...

ニュースレター

Facebook