投稿記事一覧

向き癖・頭の形

向き癖とは、特定の方向ばかり頭を向ける赤ちゃんの癖のことを言います。 赤ちゃんの頭はとても柔らかく頭の骨と骨の間に隙間があるために変形しやすくなっています。向き癖がついて同じ方向ばかり向いていると、頭の後ろや横が平らに変形したり、頭の一部分だけ髪の毛が薄くなっていることで向き癖に気づくこともあります。

小児カイロでは

赤ちゃんがある方向に向きづらくなっているのは、サブラクセーション(脊柱の機能上の問題)があるサインとして捉えます。サブラクセーションを放置すると本来持っている身体の機能を存分に発揮できないため、頭の変形だけでなく、おっぱいトラブルや夜泣き、便秘、身体の動きの左右差などに繋がることがあります。カイロプラクティックケアによりサブラクセーションを取り除くことで、赤ちゃんのより良い成長発達をサポートすることができます。

関連記事

投稿

  1. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  2. 新年明けましておめでとうございます。
  3. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。
  4. こんにちは。広島の森本です。今日は非常に大切な事をお伝えします。
  5. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  6. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  7. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  8. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  9. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  10. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...

ニュースレター

Facebook