投稿記事一覧

向き癖・頭の形

向き癖とは、特定の方向ばかり頭を向ける赤ちゃんの癖のことを言います。 赤ちゃんの頭はとても柔らかく頭の骨と骨の間に隙間があるために変形しやすくなっています。向き癖がついて同じ方向ばかり向いていると、頭の後ろや横が平らに変形したり、頭の一部分だけ髪の毛が薄くなっていることで向き癖に気づくこともあります。

小児カイロでは

赤ちゃんがある方向に向きづらくなっているのは、サブラクセーション(脊柱の機能上の問題)があるサインとして捉えます。サブラクセーションを放置すると本来持っている身体の機能を存分に発揮できないため、頭の変形だけでなく、おっぱいトラブルや夜泣き、便秘、身体の動きの左右差などに繋がることがあります。カイロプラクティックケアによりサブラクセーションを取り除くことで、赤ちゃんのより良い成長発達をサポートすることができます。

関連記事

投稿

  1. 高知県オーツリーカイロプラクティックの溝渕です。
  2. 2023.10.16

    No.045 芸術の秋
    暑さも和らぎ、秋らしくなってきましたね。
  3. 先日髪を切りに行ったところ、私がカイロプラクターであることをご存知の担当美容師さんに...
  4. 「モンテッソーリ教育」というのを耳にしたことはありますでしょうか?最近話題のプロ棋...
  5. つい最近、ニュースでコオロギの粉を使ったパンや給食などが話題となり、賛否両論あるようです。
  6. 新型コロナの感染症法上の分類が春頃を目途に5類に変更される方向で進み始めました。
  7. 日本小児カイロプラクティック協会は、多くの方へ小児カイロプラクティックの素晴らしさを伝 え、皆様が...
  8. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  9. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  10. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。

ニュースレター

Facebook