投稿記事一覧

向き癖・頭の形

向き癖とは、特定の方向ばかり頭を向ける赤ちゃんの癖のことを言います。 赤ちゃんの頭はとても柔らかく頭の骨と骨の間に隙間があるために変形しやすくなっています。向き癖がついて同じ方向ばかり向いていると、頭の後ろや横が平らに変形したり、頭の一部分だけ髪の毛が薄くなっていることで向き癖に気づくこともあります。

小児カイロでは

赤ちゃんがある方向に向きづらくなっているのは、サブラクセーション(脊柱の機能上の問題)があるサインとして捉えます。サブラクセーションを放置すると本来持っている身体の機能を存分に発揮できないため、頭の変形だけでなく、おっぱいトラブルや夜泣き、便秘、身体の動きの左右差などに繋がることがあります。カイロプラクティックケアによりサブラクセーションを取り除くことで、赤ちゃんのより良い成長発達をサポートすることができます。

関連記事

投稿

  1. 幸せな世の中になってほしい、子供達には幸せになってほしい、と願っている方は多いのではないでしょうか...
  2. 私たちは睡眠に1日24時間の約3分の1を費やしています。
  3. 日本では残念ながらカイロプラクターが自身でクライアントさんの背骨のレントゲンを撮ることはできません...
  4. 子供に集中力を身につけさせたい!と考えている親御さんは多いと思います。
  5. ゴールデンウィークと重なり3回目の緊急事態宣言が発令されました。
  6. というタイトルの本がベストセラーとなっているようです。
  7. こんにちは。広島の森本です。
  8. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  9. 新年明けましておめでとうございます。
  10. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。

ニュースレター

Facebook