投稿記事一覧

夜尿症

5歳以上の小児で器質的な異常がなく、夜間睡眠中に不随意に尿を漏らすことと定義されています。小学校に上がってもおねしょが治らないといったお悩みでお越しの方もいらっしゃいます。

小児カイロでは

中々おねしょが治らないといった場合、可能性の一つとして前頭葉を始めとした脳、神経系が未成熟であるということが考えられます。その場合、カイロプラクティックケアにより脳への神経刺激が増え、脳機能が活性化されることでおねしょの改善が見られることがあります。その他、心理的なストレスに起因することも珍しくありません。家庭内外でのお子さんの様子や生活習慣をお聞きして、親御さんと一緒にストレスの原因の対処策を見出していくこともあります。

関連記事

投稿

  1. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  2. 新年明けましておめでとうございます。
  3. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。
  4. こんにちは。広島の森本です。今日は非常に大切な事をお伝えします。
  5. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  6. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  7. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  8. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  9. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  10. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...

ニュースレター

Facebook