投稿記事一覧

発達障害・発達凹凸

発達障害は自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などのグループに分けられていますが、お子さんによってグループをまたがる特性を持っていたり、その程度や社会での生き辛さは一人一人大きく異なります。原因も単一の原因ではなく、遺伝的要因や環境的要因が複合的に絡まりあっておこっていると考えられています。そもそも、発達障害といういうのは、大多数の平均よりも違うということだけです。それを特徴ごとに分類しているだけなのです。障害ではなくその子の特性と捉え、発達凹凸がある、と表現することもあります。そして、これらを個性として捉えることもできます。そういう教育方法もあります。

小児カイロでは

脳から続く中枢神経の通り道である脊柱に注目し、脊柱の動きを改善することで、その子が本来持つ神経の働きを最大限発揮できるよう促します。脳と身体が連動しやすくなるため、これまでできなかったことができるようになったり、身体が安定するので他のことに意識を向けられるようになったり、得意なことに集中しやすくなったり、身体の緊張が取れてリラックスできるようになったりします。発達特性によって身体が二次的に受けるストレスを緩和する効果もあります。小児カイロには副作用はありません。発達障害を「治す」ためではなく、その子の特性を活かしたより良い成長発達のために、小児カイロをお勧めしています。  

参照:https://www.mhlw.go.jp/seisaku/dl/17b.pdf

関連記事

投稿

  1. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  2. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  3. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  4. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  5. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  6. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  7. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  8. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  9. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。
  10. 近年、「発達障害」の子供に悩む親御さんが増えているように思います。

ニュースレター

  1. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  2. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  3. 2020年6月NL_逆子

  4. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  5. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  6. 2020年3月NL_便秘

  7. 2020年2月NL_夜泣き

  8. 2020年1月NL_歯ぎしり

  9. 2019年12月NL_ハイハイを始めたら見てほしいポイント

  10. 2019年11月NL_姿勢の問題

Facebook