投稿記事一覧

股関節の開排制限

乳児健診の際に赤ちゃんの股関節の動きが固いと、開排制限の疑いがあるので経過観察しましょう、抱っこ紐やおむつの使い方に注意しましょう、と言われることがあります。健診より前に、おむつ換えや洋服を着せるときの脚の開きにくさや左右差から、股関節の固さに気づくこともあります。おすわりの時に片脚が立て膝になったり、ずりばいやハイハイの脚の使い方に差が出たり、動きのバランスが悪いな、と感じることもあります。

小児カイロでは

抱っこ紐やおむつの使い方だけでなく、お母さんのお腹の中にいたときの体勢や産まれる際の身体への負担によってサブラクセーション(脊柱の機能上の問題)が生じ、股関節が緊張して動かしづらくなることがあります。小児カイロの臨床では、股関節以外のアプローチで赤ちゃんの股関節の固さが改善するケースが多くあります。向き癖とも大きく関係しています。 股関節の動きの早期改善はその後の股関節の発達や運動能力の発達に大切です。左右差だけでなく、両脚をピンと伸ばして身体全体に緊張があるような場合もぜひご相談ください。

関連記事

投稿

  1. インプリンティング(刷り込み)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「鳥のヒナが孵化して...
  2. 新年明けましておめでとうございます。
  3. SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。
  4. こんにちは。広島の森本です。今日は非常に大切な事をお伝えします。
  5. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  6. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  7. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  8. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  9. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  10. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...

ニュースレター

Facebook