投稿記事一覧

授乳困難(おっぱいトラブル)

おっぱいが充分に出ない、赤ちゃんが上手におっぱいを飲んでくれない、とお困りではありませんか? 抱き方の改善やおっぱいマッサージなど母親側の努力で解決しようとするのが一般的ですが、赤ちゃん側に要因がある場合も多いのです。 赤ちゃんがおっぱいを強く吸う刺激によって、お母さんの脳からは乳汁の生産と分泌をうながすホルモンが分泌されます。赤ちゃんの吸いつきに問題があれば、お母さんのおっぱいも充分に出るようになりません。

小児カイロでは

赤ちゃんが上手におっぱいに吸いつくことができているか、左右差はないか、に注目します。分娩時に狭い産道を通り抜けてきたり、経膣分娩、帝王切開にかかわらず、介助されて母体から取り出される際にサブラクセーション(脊柱の機能上の問題)が生じ、首やアゴを動かしにくくなることがあります。 その結果、口を大きく開けられない、おっぱいを口に深く含むことができない、吸いつきを継続できない、浅くくわえるので乳首が痛い、向き癖があって片方のおっぱいばかり好む、おっぱいをしょっちゅう欲しがり一日授乳しているような状態になる、すぐ乳腺炎になる、赤ちゃんの身体が緊張していて授乳体勢を維持するのが大変、などの問題が生じます。 カイロプラクティックケアでサブラクセーションを取り除くことにより、赤ちゃんの身体の緊張がとれ、首やアゴを動かしやすくなり、おっぱいの飲み込みがスムーズになり、おっぱいトラブルが改善するケースは多くあります。

関連記事

投稿

  1. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  2. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  3. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  4. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  5. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  6. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  7. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  8. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  9. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。
  10. 近年、「発達障害」の子供に悩む親御さんが増えているように思います。

ニュースレター

  1. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  2. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  3. 2020年6月NL_逆子

  4. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  5. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  6. 2020年3月NL_便秘

  7. 2020年2月NL_夜泣き

  8. 2020年1月NL_歯ぎしり

  9. 2019年12月NL_ハイハイを始めたら見てほしいポイント

  10. 2019年11月NL_姿勢の問題

Facebook