投稿記事一覧

ダウン症候群

21番染色体の突然変異の結果、筋力の発達の遅れや言葉の発達の遅れが観察されます。心疾患や聴力、視力の問題などを併せ持つこともあります。

小児カイロでは

背骨を整えて神経のはたらきを向上させることにより、外からの刺激を感知する力、感知した刺激を脳で処理して身体で表現する力が高まります。また、身体の栄養となるものを採り入れ要らないものを捨てる代謝力、病気に負けない免疫力が高まります。 これはダウン症のお子さんに限ったことではなく、すべてのお子さんが小児カイロから受けられる恩恵です。小児カイロプラクターは身体に触れることで、お子さんが抱えている身体の不調や動かしにくさを感知し、弱さを乗り越える身体作りをサポートします。

関連記事

投稿

  1. 舌の裏のスジ(舌小帯)が短く舌先に近いところにあって、舌の動きが制限される状態を「舌小帯短縮症 (...
  2. 例年と比べ中学受験を控えているお子様の来院が増えたなと感じる2022年。
  3. 近年、スマホやタブレットは当たり前のようになくてはならない機器になりました。
  4. 日本小児カイロプラクティック協会は子ども達の背骨の健康、そしてそのケアの大切さを知っていただくため...
  5. カイロプラクティックケアを受けることで、赤ちゃんから大人まで不調の改善はもちろんのこと、おっぱいを...
  6.  産後は、当然ですが、産まれてきた赤ちゃんにみな注目します。
  7. 環境省主導で、環境がこどもたちに及ぼす影響を大規模に調査する「子どもの健康と環境に関する全国調査(...
  8. カイロプラクティック院と歯医者さんは似ています。
  9. 明けましておめでとうございます。
  10. 11月19日のNHKニュースウェブに「インスタグラム“子どもへの悪影響知りながら開発”米で調査」と...

ニュースレター

Facebook