投稿記事一覧

ダウン症候群

21番染色体の突然変異の結果、筋力の発達の遅れや言葉の発達の遅れが観察されます。心疾患や聴力、視力の問題などを併せ持つこともあります。

小児カイロでは

背骨を整えて神経のはたらきを向上させることにより、外からの刺激を感知する力、感知した刺激を脳で処理して身体で表現する力が高まります。また、身体の栄養となるものを採り入れ要らないものを捨てる代謝力、病気に負けない免疫力が高まります。 これはダウン症のお子さんに限ったことではなく、すべてのお子さんが小児カイロから受けられる恩恵です。小児カイロプラクターは身体に触れることで、お子さんが抱えている身体の不調や動かしにくさを感知し、弱さを乗り越える身体作りをサポートします。

関連記事

投稿

  1. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  2. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  3. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  4. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  5. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  6. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  7. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  8. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  9. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。
  10. 近年、「発達障害」の子供に悩む親御さんが増えているように思います。

ニュースレター

  1. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  2. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  3. 2020年6月NL_逆子

  4. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  5. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  6. 2020年3月NL_便秘

  7. 2020年2月NL_夜泣き

  8. 2020年1月NL_歯ぎしり

  9. 2019年12月NL_ハイハイを始めたら見てほしいポイント

  10. 2019年11月NL_姿勢の問題

Facebook