投稿記事一覧

No.004 より良く発達できる方法

今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

そもそも「より良い発達」とは何でしょうか?


その子の能力を発揮できるようにすることです。

では、どんな能力があるのでしょうか?


免疫力・自然治癒力
運動能力
空氣を読む能力
自己実現・社会実現能力


など、多くの能力が人間には備わっています。

しかし、現代はこれらの能力が「そもそも私たちに無い」かのように教育を受けます。


・病気を治すためには、病院に行って薬をもらって治そう。

これは代表的な例だと思います。


自分の力で治せるのに・・・

ということです。



ですが、子供自体が弱っているのも事実です。

弱っている子の免疫力や自己治癒力は、とても低いレベルです。。。


もちろん、それらの能力はもっと上がることは想像に難くないでしょう。


体に良いと言われることをやってみてください。


食事・運動・休息・各種療法

私たちの分野であるカイロプラクティックで元気になったという報告も数多く寄せられています。



これが「予防の考え」そのものなのです。

体の能力を上げることが、予防につながるのです。


予防とは、マスクをすることではありません。

予防とは、ワクチンを打つことではありません。


体を強くすることが予防になるのです。



それは、子供も大人も同じです。
ですので、親子で一緒に予防に取り組むことができるのです。


そうすることで、疲れが溜まってきたときに、子供たちの体調不良を感じやすくなったり、親自身の感覚も上がるので、自らの体調管理にも役立ちます。



ここまでお伝えすればわかることですが、

その結果、自然と学習能力や運動能力も上がることが容易に想像つくと思います。


塾には行っているけど、健康状態が悪い、食生活が悪い、家族の仲が悪い、、、などに心当たりがある方は塾代が無駄になるので、普段の生活も改めてくださいね!



少し脱線しましたが、

体を強くする=予防になる=能力を発揮できる=社会に貢献できる大人になる。



これが、より良く発達できる方法です。

ぜひ実践してみてください。


森本 直樹 DC, CACCP
えむんカイロプラクティック / 広島
http://mnchiropractic.jp/

関連記事

投稿

  1. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  2. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  3. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  4. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  5. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  6. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  7. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  8. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  9. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  10. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

ニュースレター

  1. 2020年11月NL_股関節の開排制限

  2. 2020年10月NL_中耳炎

  3. 2020年9月NL_よく風邪を引く子

  4. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  5. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  6. 2020年6月NL_逆子

  7. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  8. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  9. 2020年3月NL_便秘

  10. 2020年2月NL_夜泣き

Facebook