投稿記事一覧

No.015 健康管理こそ最も身近なSDGs

SDGsという言葉を目にする機会が随分増えてきました。SDGsとは”Sustainable Develoment Goals”「持続可能な発展目標」のことを指します。2015年に国連サミットで採択され、2030年までに達成するために掲げられた地球規模の目標です。

長い目で見た時にそのやり方で数十年、数百年、あるいはその先まで持続していくことが可能なのかどうかが、これからの世界において、経済・教育・生活・食…などあらゆる活動に対しての評価の基軸となります。このSDGsの視点はヘルスケアにおいても重要です。

例えば、熱が出た時に解熱剤を服用すると熱は下がって楽になりますが、人体は発熱することで病原体に抵抗しているわけですから、身体が本来求めていることとは相反する状態が起こります。また、ウイルスが怖いからとなんでも消毒や除菌を徹底すると、病原体に対しての抵抗力が備わらず災害時など清潔な環境が無くなった時に他の人よりも体調を崩しやすくなるかもしれません。

症状を抑えるだけの対症療法も必要な場合はありますが、身体には自然治癒力や免疫力といった元来備わっている能力(カイロプラクティックではイネイトインテリジェンスと呼びます)があります。それを尊重することこそ持続可能なヘルスケアだと考えます。

免疫力さえ高めればどんな疾患でも治るなどということはありませんが、身体が本来備えている機能を信頼、尊重せずに、身体にとって不自然で何かしら無理や負荷が掛かることを継続していくといつかどこかでツケが回ってくることも起こりえます。気づいた時には手遅れということだって珍しくありません。

加えて、自身の健康は自身だけに関わるものではありません。良い方向にも、悪い方向にもご家族やお仕事、そして広い視野でみると社会システムにも影響を及ぼします。

こども達世代の未来の為にも日々の活動でのSDGs、そして持続可能なヘルスケアシステムや社会の為にも、まずはもっとも身近でコントロールのきく自身の健康の持続可能性を意識した選択を日々心掛けましょう。

参照:

外務省 JAPAN SDGs action platform

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

溝渕知秀 D.C.
オーツリーカイロプラクティック/高知
https://otreechiro.com

関連記事

投稿

  1. ここ数年、妊娠を希望しているが、なかなか授からないという患者さんが多数オフィスにいらっしゃいます。
  2. Tummy Time をご存じですか?アメリカでは、赤ちゃんの発達に「Tummy Time」が大切...
  3. 「お子様の脳は活発に働いていますか?」今回はこのテーマでいきたいと思います。
  4. 日本においては随分状況が落ち着いてきたようですが、一部の国では感染者数、死者数の増加が継続している...
  5. 私たちの「1つの体」は、(諸説ありますが)「30兆個以上の細胞君たちから構成」され ています。
  6. 「落ち着きがない」「イライラしている」「暴れ出す」「お友達に手をあげる」など、この様なお子様の悩み...
  7. 心臓のドクッ、ドクッ、というリズム、このリズムは実はメトロノームのように一定ではなく、ある程度の「...
  8. この記事を読んでくださり有難うございます。 今月はこのテーマで書いていきたいと思います。
  9. ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか。
  10. 今日は、将来を担う子供達がより良く発達できる方法についてお伝えします。

ニュースレター

  1. 2020年12月NL_安産

  2. 2020年11月NL_股関節の開排制限

  3. 2020年10月NL_中耳炎

  4. 2020年9月NL_よく風邪を引く子

  5. 2020年8月NL_成長発達の遅れ

  6. 2020年7月NL_不妊・未妊とは

  7. 2020年6月NL_逆子

  8. 2020年5月NL_妊娠中の腰痛・恥骨痛

  9. 2020年4月NL_スポーツ時のケガ

  10. 2020年3月NL_便秘

Facebook